ラメズの画像

ラメズはいろいろなタイプのてんかんに有効とされています。また、海外では双極性障害の維持療法における第一選択薬として広く用いられていて、とくに、うつ症状の予防に推奨されています。

ラメズは残業などのストレスに効く頭痛薬

ラメズはラミクタールのジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品(後発医薬品)は医薬品の有効成分に対する特許が切れた医薬品を他の製薬会社が製造・供給する医薬品です。先発医薬品と効果の差などはなく同じものでありながら価格が先発医薬品よりも安く継続使用において経済的にお得です。 ラメズの主な薬効はてんかんの発作対策ですが、最大の特徴は「全般発作」や「大発作」などの部分発作に対して高い効果が期待でき、他の抗てんかん薬と併用することで更にてんかんの発作を予防できるとされています。また、一方で双極性障害に対する効果が期待できるとされています。双極性障害はいわゆる躁うつ病と呼ばれている病気に相当し、躁病とうつ病の両方をもつ気分障害です。主な症状は心理的な部分にあり、気分が落ち込んだり、理由もなく悲しい気持ちになる、または何の希望もないなどのネガティブな状態が続きます。それに伴い、今まで好きだった趣味に対してもやる気を失います。それらが悪化すると、口数が少なく、声も小さくなっていきます。逆に落ち着きが無くなりじっと座っていられず足踏みをしたり、体を動かすなどの身体的にも影響が出てきます。最終的には断続的な頭痛や肩、腰の痛みが続き、生きていくのがつらい、死んだほうがましだと考えてしまいます。長時間の残業など、現代社会ではストレスの原因になるものが多く、病院などを受診すると双極性障害、または躁うつ病と診断されることでしょう。ラメズはこのような症状に効果がある頭痛薬としても知られています。大切なことはおかしいなと思ったらまずは医師に相談することです。うつ病は、医師の診察を受け適切な治療を行うことで治すことは十分可能な病気です。