ラメズの画像

ラメズはいろいろなタイプのてんかんに有効とされています。また、海外では双極性障害の維持療法における第一選択薬として広く用いられていて、とくに、うつ症状の予防に推奨されています。

ラメズと右手と暴力について

てんかんの発作は体への痙攣のような症状も出ますので、右手がガクガクとしたり、周囲の人も気をつける必要があります。てんかんの発作に直接関係した症状として、あらゆる精神症状が考えられます。

発作が起こる前には、通常よりも怒りっぽくなったり、発作の症状としてメンタル的な、精神症状があらわれることもあります。精神症状としては、複雑部分発作の時に起きやすいです。発作をおこした後に、強い不安感を覚えたり、興奮状態モデルことがあります。

意識障害として意識変容や、意識が混濁すこともありますし、感情障害として急に不機嫌になるとか、怒りっぽくなるケースもあります。 行動異常では無意味な動作を繰り返す自動症や、異常な行動や暴力的になることもあります。性格変化として迂遠や冗漫、しつこくなる粘着性が出てくることもあります。精神病様状態となると、幻覚がみえるとか、妄想てきになるなども考えられます。

脳神経の興奮を抑制するのが、ラメズの医薬品であり、てんかんの発作予防にも効能を持つ医薬品になります。てんかん治療のみではなく、双極性障害治療やうつ病の再発予防の医薬品としても用いられています。興奮性神経伝達物質を抑える働きもありますし、精神的な浮き沈みを調整する作用も持ちます。

ラメズを服用することで考えられる副作用としては、意識がぼんやりすることもありますし、めまいを感じることもあります。ほかには発疹などの症状を起こすこともあります。

お薬を飲む量を増やす場合には、7日上の間隔を空けて行うようにします。服用に関して、1日の最大量としては、400mgまでですので、過剰な摂取となりすぎないようにコントロールをする必要もあります。