ラメズの画像

ラメズはいろいろなタイプのてんかんに有効とされています。また、海外では双極性障害の維持療法における第一選択薬として広く用いられていて、とくに、うつ症状の予防に推奨されています。

ラメズはこんな人に必要

ラメズは世界的に医薬品を販売しているグラクソ・スミスクライン社が取り扱っている、ラミクタールのジェネリック医薬品です。ラミクタールはラモトリギンを有効成分として販売されていた医薬品ですが、成分に対する物質特許が切れたことから他の製薬会社が使用できるようになり、後発医薬品としてラメズが販売されるようになっています。先発医薬品とジェネリックの違いは製造方法が異なるだけで、基本的には同じ成分を使用しているため効果は変わりません。また、コストを削減する製造方法で行うため、先発医薬品より安く購入できるのがメリットとなります。ラメズはてんかんと双極性障害を適応症としていますが、日本では承認されていないため一般の医局では購入することができない飲み薬です。そのため、国内で病院から購入する抗てんかん薬はラミクタールとなっており、ラメズを購入するには海外から個人輸入で取り寄せるしかありません。有効成分のラモトリギンは、脳神経の興奮を静める働きがあり、てんかんによる部分発作、全般発作のうちの強直間代発作に有効で、加えて子供の欠神発作やレノックス・ガストー症候群に効果があるとされます。また、脳神経の興奮が収まることから双極性障害の躁とうつを繰り返すスイッチを抑え、再発や再燃を防ぐ効果があります。自律神経に作用する飲み薬のため、素人の判断で服用すると思わぬ副作用が発現することもあるため、使用する前にまずは医師に相談することが大切です。特に抗てんかん薬として使用する場合は、勝手に服用量を増減することは禁止されているため注意が必要となります。報告されている副作用については、口元な口内のただれ、のどの痛み、目の充血など皮膚症状が多いですが、全身の様々な部位で何らかの異常が起こることもあるため、用法用量を守って正しい服用を心がけなければいけません。また、カルバマゼピンという成分を含んだテグレトールという医薬品も抗てんかん薬として人気があるようです。脳の作用を落ち着かせる効果があるテグレトールはうつ病に効果的とも言われています。